初心にかえる

キッチンワゴン01

大谷製陶所の為のキッチンワゴン

2008年頃に制作したキッチンワゴン。

大学時代の友人であり、陶芸家となった大谷製陶所の大谷哲也氏が現工房兼住居を建てた時に依頼されたモノです。
一升瓶が入るワゴンというコンセプトで、非常に大きな引き出しがついています。

この時の失敗は、引き出しの下に補助キャスターを付けなかったこと。
「一升瓶=重い」であるのに、初ワゴン制作とは言えども初歩的な設計ミスと言えますね。
なんとか使っていただいている様ではありますが。

独立初期に色々と依頼して下さった方々には、小さな失敗を沢山経験させていただきました。
その頃よりももう一つ前、会社で恐る恐る設計していた頃の気分を思い出し、 段取り良く。




コメントを残す